マッスルアップ-Muscle Up- 練習方法





けんすい状態から身体を引き上げ、バー支持状態にする技です。ラジアルプルアップをたくさん練習しましょう。

下図の部位の筋肉を主に使います。

動画講座




動画講座の解説

マッスルアップとは

マッスルアップとは、ラジアルプルアップストレートバーディップスの2つを組み合わせた動きです。
この2つの動きに応じてバーの握りを切り替えます。

《ポイント1》ラジアルプルアップ

通常のプルアップと違い、あまり肘を曲げずに弧を描くような軌道で身体を引き上げます。バーの握りは通常のプルアップと同じです。
スタート時の姿勢は下からバーを見上げるような形になります。上半身がバーの真下にきます。

【OK】ラジアルプルアップ

【NG】通常のプルアップ

通常のプルアップは身体を垂直に引き上げています。マッスルアップの練習には向いていません。

【ラジアルプルアップと通常のプルアップとの違い】

《ポイント2》ストレートバーディップス

できるだけ身体を下げて行いましょう。
自然とバーを深く握る形になります。

ラジアルプルアップとストレートバーディップスを組み合わせると…

組み合わせるとマッスルアップになりますね。

《ポイント3》握りの切り替え

通常の握りから深い握りに切り替わります。バーの握りに注目です。

上半身がバーの真下にきてからスタートしています。

 

 

マッスルアップのポイントまとめ

1、ラジアルプルアップ

2、ストレートバーディップス

3、握りの切り替え

以上になります。くり返しになりますがラジアルプルアップをたくさん練習しましょう。

技・トレーニング講座カテゴリの最新記事