バナナハンドスタンド(逆立ち)-Banana Handstand- 練習方法

バナナハンドスタンド(逆立ち)-Banana Handstand- 練習方法





バナナハンドスタンドです。いわゆる逆立ちです。

指先のつっぱりや肘の曲げ伸ばしによってバランスをとります。

以前公開したストレートハンドスタンドと違い、胸が落ちていて反身になった形です。

こちらの方が馴染みやすく、楽しく運動することができると思います。




【動画講座】

【動画講座の解説】

バナナハンドスタンドのポイントは下記の2つです。

1、肩出し、肘曲げでバランスをとる。

2、地面を見る。

<注意>背中側に倒れてケガをしないようにすること!

ハンドスタンドの練習で最も気をつけることは、背中側に倒れてケガをしないようにすることです。

ひねり、前転、ブリッジ等でケガを回避しましょう。

<手のつき方>

掌底部に体重をかけます。

やや指を曲げて指先で地面をつかむような感じでバランスをとります。

地面をしっかり押しましょう。

<練習1>カエルのまね

目は両手の間の地面を見ます。

地面を軽く蹴って、腕だけで体重を支える感覚をつかみましょう。

<練習2>腰の位置を高くしたカエルのまね

腰の位置を高くして、腕だけで体重を支える時間を増やしていきましょう。

<練習3>カエルの足打ち

腰を上げたら足の裏同士をたたき合わせて、足打ちしましょう。

<練習4>膝曲げバナナハンドスタンド

膝を曲げてバナナハンドスタンドをしましょう。

肩を前方に出したり、肘を曲げたりしてバランスをとる感覚をつかみましょう。

<練習5>前後開脚バナナハンドスタンド

足を前後に開いてバナナハンドスタンドをしましょう。膝は曲がっても構いません。

<練習6>左右開脚バナナハンドスタンド

足を左右に開いてバナナハンドスタンドをしましょう。膝は曲がっても構いません。

 

《ポイント》

ご視聴ありがとうございました。バナナハンドスタンドのポイントは以下の通りです。

1、肩出し、肘曲げでバランスをとる。

2、地面を見る。

技・トレーニング講座カテゴリの最新記事